シェアハウスの魅力

テーマ性が魅力的なシェアハウス

シェアハウスに住むというのは日本ではあまり広まっていませんでした。しかし、シェアハウスを手がけるのを事業とする企業が生まれてきたことにより、住む魅力を感じる人も多くなってきています。どのような特徴があるのでしょうか。

シェアハウスに住むとは

シェアハウスの魅力について理解するには、そもそもシェアハウスに住むとはどういうことかを理解する必要があります。シェアハウスでは赤の他人が一つの住まいを共有して生活するのが基本です。通常はキッチンやリビング、お風呂やトイレなどを共有して生活し、寝室は個別に準備されているという形が取られています。このようにして生活することで家賃が高いような地域にも、家賃を折半することによって安く住むことができるのが魅力でしょう。しかし、住人全員が互いに理解を持って生活しなければなかなか快適な生活を送るのが難しいのが難点です。うまくルールを決めて生活していかないと互いにいがみ合うような関係になってしまうこともしばしばあります。

テーマ性の重視が魅力的

シェアハウスに住むと住人同士の交流の機会が必然的に生まれるでしょう。その点に着目して日本で広まってきているのがテーマ製のあるシェアハウスです。シェアハウスを手がけている事業者が、それぞれの物件にテーマを設けていて、そのテーマに対して関心があることが入居条件になっているのが特徴と言えます。互いに同じ事柄に対して関心を持っている人が住むという形を取ることで、交流の機会が得られるというシェアハウスのメリットを生かせるようにしているのです。このコンセプトに興味を持った人がだんだんと利用するようになり、様々なテーマ性を持っているシェアハウスが広まってきました。都心部を中心として広く展開が進められているのが現状です。

テーマの共有と相互理解

テーマ性のあるシェアハウスにして住民間でテーマの共有を行うようにしたのはこのタイプのシェアハウスが着実に広まってきたのに大きな役割を果たしています。ただ単純に意見交換を行える機会が増えて自分の興味関心を深めていけるようになる魅力があるだけではありません。共通している興味があることで住民間のコミュニケーションが促進されて相互理解が進むのです。結果として互いに折り合いを付けながら生活するという姿勢を住人全員が取るようになりやすく、満足できる住生活を遅れるようになっていることが多くなっています。互いに理解がないことで生じるシェアハウスのトラブルをうまく回避する手段としてもテーマの設定が有効に働いているのです。

長期出張者や、転勤社員様向けの法人契約も可能です。 東京近郊の他、関西・札幌で積極展開中です。 時期や物件によってはフリーレントや礼金無料などのお得なキャンペーンをご用意しています。 ソーシャルとプライベートが両立した理想の住まい。 需要が高まり、新規物件は3ヶ月以内の早期満室。 東京都からイノベーション創出事業として助成金認定。シェアハウスでは実現できない居住スタイル